灘卒医学部生の日常記録12 「なるほどデザイン」の感想【おすすめ】

日記

こんにちは、かずです。

今回は、最近読んでいた「なるほどデザイン」という本がすごく良かったので、よかった点や推しpointを書いていこうと思います。

なるほどデザイン、デザインを学ぼうと考えたことのある方なら、多分1度は目にしたことがあるであろう有名な本ですよね。

かず
かず

こちらの本です。左が単行本、右がKindle版です。

僕も、写真が好きだったり、inochiをやっている時にデザインに興味を持ったりした関係で、とりあえずどっかのサイトで一番いいと紹介されていたこの本を読むことにしたのですが…

読んでみて本当に衝撃を受けました。

かず
かず

冗談抜きで世界が違って見えるようになりました。

で、「これ、デザインと全く違う分野の人も知っておいた方がいいな」と思ったんです。

その理由、早速書いていきますね。

広告

なぜデザインと関係ない人にもおすすめなのか

デザインは想像以上にいろいろなところに使われているから!

一体なぜ僕がこの本を読むことをこんなにもおすすめするのか?

その理由は、デザインは思っている以上にいろいろなところに利用されており、自分達も必ず関わるものだからです。

例えば、Power Pointでのスライド作成であったり

例えば、部屋の家具の配置であったり

店の看板やブログのテーマ、次に購入予定の財布など、とにかく色んなものにデザインが関わっていて、この本を読めばそのことがすごく理解できるようになるんですよ。

かず
かず

お菓子のパッケージからハンカチの配色やら、本当に何から何までデザインが関わっていると分かり感動しました。

でも、これを聞いてこう思われた方も多数いらっしゃるでしょう。

デザインが関わるのを理解したところで、日常生活に何の影響も無くない?だとか

デザインなんて感覚でもできるじゃないかとか、テンプレートを使えばいいじゃないかとか

正直に言うと、僕もすぐに役に立ってくれる知識だとは思っていません。

本を読んだからと言って、自室の模様替えをルームデザイナーばりにできるようになるわけではありませんし、自分の思う通りのスタイリッシュなスライドがすぐに作れるようになるわけでもありませんからね。

しかし、役に立てるまで行かなくても、違和感に気づき言語化できるくらいにはなるんですよ。

スライドのちぐはぐさが、文字のフォントが統一されていないせいであることに気づくとか、構図はキレイなのになぜか映えない写真を、色合いを調整することで映えるようにできそうだと分かるとか

かず
かず

この前、病院実習で診察室の独特な雰囲気がフォントのちぐはぐさから生まれていることに気づいて、1人で「おおー」って思っていました。

そして、その違和感を消すことができるようになれば、他の人より一枚上手のものが作れるようになり、結果としてより有利に立ち回れるようになると思うんですよね。

僕がデザインを勉強することをこんなにも推す理由、分かっていただけたでしょうか?

なぜこの本なのか?

何が大切なのかがイラストを用いて具体的に分かりやすく書かれているため!

デザインの勉強する意義は分かったけど、どうしてこの本なのか?多分こう思われている方が大半だと思うので、次はこれについて書いていきましょう。

僕がこの本を推す理由ですが、大きく分けて2つあります。

1つ目が、何に注目すべきなのか、3章12項目に分けて論理的かつ丁寧に書かれていて分かりやすいから、2つ目が、文字ばかりになりがちな解説書なのに、イラストを駆使して文字を最小限に抑えることですごく読みやすく仕上がっているからです。

と、一気に書いても分かりづらいので、まずは1つ目について詳しく書いていきますね。

章立てが適切で分かりやすい

まず1つ目に関してですが、普通の解説書って箇条書きみたいになっていたり、分類がよく分からず読んでいて困惑してしまったりしがちですよね。

でもこの本、1章の「編集×デザイン」から3章の「デザインの素」へ向かうにしたがって、全体のデザインから視野をしぼっていき細かいところを調整して完成させるという流れがよく分かるようになってるんですよ。

かず
かず

ちょうど、何かをデザインする時の手順書みたいなイメージです。

世の中には初心者向けと謳っている本が山ほど存在しますが、多分デザインを勉強するに当たって、この本ほど初めに読むのに適した本は存在しないだろう、と思うような分かりやすさです。

具体例が多く初心者でも楽しく読める

さて、2つ目の推しpointですが、この本、実は全ページに図やイラストが入っているんですよね。

というより、ほとんど全てが図やイラストで構成されていて、文字は本当に最小限に抑えられているんですよね。

かず
かず

本当に「デザインの本」という言葉をそのまま体現したような本です。

そのおかげで、文字を読みたくないような時でも楽しく読めますし、イラストを見て自分ならどうするか考えることもできます。

かず
かず

実際にイラストを見て考えさせる部分もありますし、ついつい読み進めたくなるんですよね。

…どうでしょうか?皆さんも読んでみたくなりましたよね??

先ほども貼りましたが、Amazonの商品リンクを下に貼っていますので、興味がわいた人は是非読んでみてください。(左が単行本のリンク、右がKindle版のリンクです)

それではまた次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました